Home > 【著作権登録】著作権登録の種類と効果

著作権登録代行サービスのご案内

著作権登録の種類と効果

著作権の登録制度には、以下のような種類があり、文化庁。(ソフトウェアの場合は財団法人ソフトウェア情報センター)への登録申請に必要な書類もそれぞれ異なります。

実名の登録

無名または変名(ペンネーム等)で公表された著作物の著作者が、その本名で登録を
受けることができます。
<効果>
1.反証がない限り、登録を受けた者が、その著作物の著作者と推定されます。
2.無名または変名ならば公表後50年となっている著作権の保護期間が、実名で公表
  された著作物と同じように、著作者の死後50年に延長されます。
<申請できる者>
無名・変名で公表した著作物の著作者、著作者が遺言で指定する者

第一発行(公表)年月日の登録

著作者、または無名・変名で公表された著作物の発行者が、その著作物を最初に
発行・公表した年月日の登録を受けることができます。
<効果>
1.反証がない限り、登録されている日にその著作物が公表・発行されたものと推定され
  ます。盗作トラブル等でどちらが先に創作・発表したかが争点になる場合に、登録を
  受けておけば、登録日に既に存在し発表されていたということが証明できるため、有利
  に係争を進められます。
  ※創作過程が明らかになる創作メモやスケジュールも重要な証拠となります。
    盗作トラブルが懸念される場合は、証拠として保存しておきましょう。

2.登録されている日が保護期間算定の起算点となります。
<申請できる者>
著作権者、無名または変名で公表された場合はその著作物の発行者

著作権・著作隣接権の譲渡の登録

著作権の譲渡人および譲受人が、著作権・著作隣接権の譲渡の登録を受けることができます。
<効果>
譲渡登録を受けた者が権利の変動に関して第三者に対抗することができます。
著作権の二重譲渡があった際などに、あらかじめ登録しておけば、第三者に自己の権利を
主張することができます。
二重譲渡があった際には、契約締結の順番に関わらず、登録名義人が著作権者として
扱われます。
<申請できる者>
著作権譲渡人と譲受人の共同(著作権譲渡人の承諾書があれば譲受人単独で可)

著作権・著作隣接権の質権設定の登録

著作権の質権者および質権設定者が、著作権・著作隣接権の質権設定登録を受けることができます。
<効果>
質権登録を受けた者が権利の変動に関して第三者に対抗することができます。
質権が二重に設定された際などに、あらかじめ登録しておけば、第三者に自己の権利を
主張することができます。
<申請できる者>
質権者と質権設定者の共同(登録義務者の承諾書があれば登録権利者単独で可)
※質権者、質権設定者のいずれが義務者、権利者になるかはケースにより異なる

出版権の設定等の登録

著作者および出版者が出版の設定・移転の登録、または、出版権を目的とする質権の設定等の登録を受けることができます。
<効果>
出版権登録を受けた者が権利の変動に関して第三者に対抗することができます。
出版権の二重譲渡があった際などに、あらかじめ登録しておけば、第三者に自己の権利を
主張することができます。
<申請できる者>
出版権者と出版権設定者の共同(登録義務者の承諾書があれば登録権利者単独で可)
※出版権者、出版権設定者のいずれが義務者、権利者になるかはケースにより異なる

プログラムの創作年月日登録

プログラムの著作者が、当該プログラムの著作物が創作された年月日の登録を受けることができます。
<効果>
反証がない限り、登録されている日に当該プログラムがの著作物が創作されたものと推定されます。
<申請できる者>
著作者

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【著作権登録】著作権登録の種類と効果

スポンサード リンク

Return to page top