Home > 【遺言・相続】法定相続割合

遺言&相続基礎知識

法定相続割合

相続人が複数いる場合、だれがどのような割合で財産を取得するかが問題になります。
これについては、被相続人が遺言書で指定することができます。(指定相続分
しかし、遺言書が残っていない場合はどのような割合で分ければよいのでしょうか?
遺産分割協議で相続人の話し合いにより決めるのですが、その基準となる割合が民法で次のように定められています。(法定相続分

配偶者の法定相続分

配偶者の法定相続分は、他の相続人との組み合わせにより変わってきます。

他の相続人 配偶者の法定相続分
子(およびその直系卑属) 2分の1
直系尊属(親など) 3分の2
兄弟姉妹(およびその子) 4分の3
なし すべて

 

子(およびその直系卑属)の法定相続分

被相続人に配偶者がいるかどうかによって変わってきます。

被相続人の配偶者 子(およびその直系卑属)の法定相続分
配偶者あり 2分の1
配偶者なし すべて

相続人が複数ある場合は、頭数で均等に割ります。
ただし、相続人のなかに嫡出子と非嫡出子がいる場合、非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められています。養子は嫡出子と同様に扱います。

嫡出子 ・・・ 法律上の婚姻関係にない男女間の子ども
 

直系尊属(親など)の法定相続分

子(およびその直系卑属)がいない場合に相続人になります。
法定相続分は、被相続人に配偶者がいるかどうかによって変わってきます。

被相続人の配偶者 直系尊属(親など)の法定相続分
配偶者あり 3分の1
配偶者なし すべて

相続人が複数ある場合は、頭数で均等に割ります。
 

兄弟姉妹(およびその子)

子(およびその直系卑属)、直系尊属(親など)がいない場合に相続人になります。
法定相続分は、被相続人に配偶者がいるかどうかによって変わってきます。

被相続人の配偶者 直系尊属(親など)の法定相続分
配偶者あり 4分の1
配偶者なし すべて

相続人が複数ある場合は、頭数で均等に割ります。
父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の法定相続分は、両親共に同じ兄弟姉妹の2分の1になります。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】法定相続割合

スポンサード リンク

Return to page top