Home > 【遺言・相続】相続人調査

相続手続について

相続人調査

遺産分割協議には、すべての相続人が参加しなければなりません。
相続人を1人でも欠いた協議は無効です。
このため、遺産分割協議の前に欠かせないのが、相続人を確定するための相続人調査です。
相続人を確定するには、被相続人の出生から死亡時までの戸籍、除籍、改製原戸籍の謄本が必要となります。

<除籍とは>
戸籍に記載されている人の婚姻や離婚、転籍や死亡によって、戸籍から抜けることをいいます。

<改製原戸籍とは>
戸籍制度は現在までに何度か大きな改正を行ってきました。その改正前の戸籍を、改製原戸籍といいます。
これらの謄本は、本籍地の市区町村役場に請求します。
本人以外の戸籍を取得するには、委任状や取得者との関係を示す資料が必要となるなど、複雑な作業になります。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】相続人調査

スポンサード リンク

Return to page top