Home > 【遺言・相続】相続欠落

遺言・相続基礎知識

相続欠落

本来、相続人となるべき者が、一定の事情により相続する権利を奪われる場合があります。
これを相続欠落といいます。
たとえば遺言書を偽造したり、被相続人を殺してしまったような者は、なんの手続きがなくとも相続権を失い、また遺贈を受ける権利も失います。
欠落事由を以下に列挙します。
なお、欠落者の子は、欠落者に代わって代襲相続することができます。

  • 故意に被相続人または先順位もしくは同順位にある相続人を死亡させたり、あるいは死亡させようとして刑に処された者。
  • 被相続人が殺されたことを知っているにも関わらず、告発・告訴をしなかった者。
    (その者に是非の弁別がない場合、殺害者が自己の配偶者または直系血族である場合を除く)
  • 詐欺や強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をしたり、前にした遺言の取消しや変更をすることを妨害した者。
  • 詐欺や強迫によって、被相続人に遺言をさせたり、前にした遺言の取消しや変更をさせた者。
  • 被相続人の遺言を偽造、変造、破棄、隠匿した者。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】相続欠落

スポンサード リンク

Return to page top