Home > 【遺言・相続】相続人の排除

遺言・相続基礎知識

相続人の排除

相続人の排除とは、相続人の意思によって、相続権を奪う制度のことをいいます。
排除の対象となるのは、以下の、遺留分を有する推定相続人です。

・ 配偶者
・ 子とその代襲者
・ 直系尊属

遺留分のない兄弟姉妹は対象になりません。
兄弟姉妹の相続権を奪いたい場合は、遺言で兄弟姉妹の相続分をゼロにすればよいからです。

<簡単には認められない相続排除>
排除したい推定相続人がいる場合、家庭裁判所に排除請求の申立てを行います。
排除の理由として認められるのは、

・ 被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたとき
・ その他、著しい非行があったとき

のどちらかに当てはまる場合だけです。
排除を認めるかどうかは、家庭裁判所が個別に判断することになります。
排除したい推定相続人がいるならば、虐待や非行の証拠を充分に残しておきましょう。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】相続人の排除

スポンサード リンク

Return to page top