Home > 【産廃許可】施設の要件

産業廃棄物収集運搬業許可に関する施設の要件

申請者は以下の基準に従って、必要な施設(運搬車・運搬容器等)を有する必要が
あります。

産業廃棄物収集運搬業の場合

  1. 産業廃棄物が飛散、流出、悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器
      その他運搬施設を有すること。

特別管理産業廃棄物収集運搬業の場合

  1. 産業廃棄物が飛散、流出、悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器
      その他運搬施設を有すること。
  2. 廃油、廃酸又は廃アルカリの収集又は運搬を業として行う場合には、当該廃油、
      廃酸又は廃アルカリの性状に応じ、腐食を防止するための措置を講じるなど
      当該廃油、廃酸又は廃アルカリの運搬に適する運搬施設を有すること。
  3. 感染性産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、当該感染性産業廃棄
      物の運搬に適する保冷車その他の運搬施設を有すること。
  4. その他の特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、その収集
      又は運搬を行おうとする特別管理産業廃棄物の種類に応じ、当該特別管理産業
      廃棄物の収集又は運搬に適する運搬施設を有すること。
  5.  
    車両だけの運搬では、廃棄物が飛散、流出、悪臭の漏れる可能性がある場合、容器などを使用する必要があります。
    以下、容器が必要な具体例です。

    産業廃棄物の
    種類
    具体的な対策例
    汚泥 ドラム缶、または水密仕様ダンプ車、
    汚泥吸引車で運搬する
    廃油 密閉可能なドラム缶を使用して運搬する
    廃酸、廃アルカリ 密閉可能な耐酸性、耐アルカリ性のプラスチック
    容器で運搬する
    燃え殻、ばいじん、
    動物性残さ、鉱さい
    密閉可能なドラム缶などで運搬する
    動物の死体 運搬中の腐敗を防止するため、保冷車、
    冷蔵車等の車両で運搬する
    その他の
    産業廃棄物
    平ボディ、ダンプ車などは荷台にシートをかける

必要な車両

ダンプトラック、吸引車等の車両、ドラム缶、フレキシブルコンテナバックなどの容器等、
産業廃棄物の性状や形状、量に応じた施設(車両及び容器)が必要となります。
また、「感染性産業廃棄物」については、専用密閉容器と保冷車、密閉車両などが必要と
なります。

施設の使用権限について

申請者は、継続して施設の使用権原を有している必要があります。

車両の使用権限について

産業廃棄物収集運搬車の使用権原は、自動車検査証の使用者と許可申請者と同じ
である必要があります。
自動車検査証の使用者が許可申請者と異なる場合は、貸借契約書や車両の賃借等に
関する証明書等により使用の権原を明らかにする必要があります。

二重登録について

他の事業者が登録した産業廃棄物収集運搬車と同じ車両を申請者が登録することは、
二重登録となり使用権原が重複するため、登録できません。

 

車両保管場所の確保

産業廃棄物収集運搬車の保管場所(駐車場)を確保する必要があります。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【産廃許可】施設の要件

スポンサード リンク

Return to page top