Home > 【産廃許可】産業廃棄物と一般廃棄物

産業廃棄物と一般廃棄物

産業廃棄物一般廃棄物は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以下、廃棄物処理法)による明確な規定があります。
産業廃棄物とは、会社や工場での事業活動に伴って出る廃棄物で、廃棄物処理法に定められた以下の20品目をいいます。
これ以外のものが、一般廃棄物です。

産業廃棄物になる20品目は、以下のとおりです。

1.燃え殻

石灰火力発電所から発生する石炭殻、焼却炉の残灰、炉掃除排出物、その他の焼却残さ

2.汚泥

排水処理後の泥状のもの、
各種製造業の製造工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、
凝集沈殿汚泥、パルプ廃液汚泥、建設汚泥など

3.廃油

鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄用油、切削油、溶剤、タールピッチなど

4.廃酸

写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸など、すべての酸性廃液

5.廃アルカリ

写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん液など、すべてのアルカリ性廃液

6.廃プラスチック類

合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む。)など、固形状・液状の
すべての合成高分子系化合物

7.ゴムくず

生ゴム、天然ゴムくず

8.金属くず

鉄鋼、非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず、金属加工くずなど

9.ガラスくず、コンクリートくず、陶磁器くず

ガラスくず、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、レンガくず、セメントくず、
陶磁器くずなど

10.鉱さい

鋳物廃砂、高炉・平炉・電気炉などの溶解炉のかす、ボタ、不良鉱石、粉炭かすなど

11.がれき類

工作物の新築、改築または除去に伴って生じたコンクリート破片、レンガ破片、
アスファルト破片、石綿を含むコンクリート破片、不用になって除去した墓石、
その他これに類する不要物

12.ばいじん

大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める
特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設に
よって集められたもの

13.紙くず ※

建設業に伴うもの(新築、改装、増築、除去に伴う紙くず)、
パルプ製造業、紙製造業、紙加工品製造業、新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を
行うものに限る。)、出版業(印刷出版を行うものに限る。)、製本業、印刷物加工業から
生ずる紙くず、PCBが塗布され又は染み込んだもの

14.木くず ※

建設業に伴うもの(範囲は紙くずと同じ)、木材または木製品製造業(家具製品製造業)、
パルプ製造業、輸入木材の卸売業、物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、
バーク類等、貨物の流通のために使用したパレット等

15.繊維くず ※

建設業に伴うもの(範囲は紙くずと同じ)、繊維工業(衣服その他繊維製品製造業以外)
から生ずる木綿くず、羊毛くずなどの天然繊維くず(合成繊維は廃プラスチック)

16.動植物性残さ ※

食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、
魚および獣のあらなど、動物、植物に係る固形状の不要物

17.動物性固形不要物 ※

と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥などの不可食部分の
不要物

18.動物のふん尿 ※

畜産農業から排出される牛、馬、豚、にわとりなどのふん尿

19.動物の死体 ※

畜産農業から排出される牛、馬、豚、にわとりなどの死体

20.13号廃棄物

1.から19.の産業廃棄物を処分するために処理したもので、それらの産業廃棄物に
該当しないもの(有害汚泥のコンクリート固形化物など)

※は、記載の特定業種から排出された場合のみ産業廃棄物となります。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【産廃許可】産業廃棄物と一般廃棄物

スポンサード リンク

Return to page top