Home > 【遺言・相続】遺産分割協議書の作成

相続手続きについて

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議とは

遺産分割協議がととのったら、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は、記録を残して言った言わないの水掛け論を防ぐという意味もありますが、
それ以上に、不動産の相続登記や各種名義変更で必要になるなど、実務面から、遺産分けについて相続人全員の合意を証する書類として作成が求められます。
 

書き方のポイント

書式は特に決まっていません。手書き、パソコン、横書き、縦書き、いずれも可です。
留意すべきは次の3点です。

  • 誰がどの遺産を取得するかを明確にする
  • 不動産であれば、登記簿の通りに記載すれば間違いありません。
    銀行預金は、銀行支店名、口座番号などを正確に記載します。

  • 遺産の取得条件があれば記載しておく
  • 代償分割がある場合の代償金額や支払条件、相続人の間で取り決めた債務の分割方法を記載しておくと、後のトラブル防止に役立ちます。
    注)借金などの債務について、実務上は誰がどう負担するか決めておくべきですが、これはあくまで内部的な取り決めであり、債権者は法定相続分の割合で返済を請求することができます。

  • 相続人全員の合意がある旨証明されること
  • 相続人全員が署名または記名の上、実印にて押印し、印鑑証明書の通り住所を記載します。印鑑は必ず実印でなければなりません。

遺産分割協議書が一枚の用紙に収まらない場合は、全員の実印で割印をしてとじてください。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】遺産分割協議書の作成

スポンサード リンク

Return to page top