Home > 【遺言・相続】公正証書遺言の作成手続き

遺言について

公正証書遺言の作成手続き

公正証書遺言作成の流れを解説します。

事前の準備

公正証書遺言の原案を作成する

遺言は公証役場に出向いて作成することになりますが、事前に遺言したい内容を
メモにまとめておきます。
文章は、公証人が法的に有効な形に修正してくれるので、簡単なもので構いません。
 

証人2人を選定する

証人には遺言の内容が知られることになりますので、信頼のおける人に依頼することが
大切です。証人への謝礼(1人1万円程度)についても了解を得ておきます。
 

遺言執行者を決めておく【任意事項】

遺言執行者は必ずしも必要ありませんが、決めておくと便利です。
 

必要書類を収集する

<必要書類>
・ 遺言者の印鑑証明書
・ 遺言者と相続人の続柄が分かる戸籍謄本・除籍謄本
・ 相続人以外に遺贈する場合は、その人の住民票
・ 財産に不動産がある場合は、不動産登記簿謄本と固定資産税評価証明書
・ 証人の氏名、住所、生年月日、職業を記載したメモ
・ 遺言執行者を選定した場合、氏名、住所、生年月日、職業を記載したメモ
・ その他、公証人が指定したもの
 

公証役場に出向いて打ち合せ

・ 打ち合わせから遺言の作成まで、事前に公証人と日時を取り決めておくと手続きが
 スムーズに進みます。
・ 遺言者が病気などで来れない場合は、公証人が出張します。
 この場合、公証人の管轄区域が決まっているので、事前の確認が必要です。
 

公正証書(遺言)の文案チェック

公証人により作成された文案で問題ないか確認します。
問題なければ、公正証書(遺言)の作成日を決めます。証人2名も同席しなければならないので、確認が必要です。

遺言当日

持参品

遺言者本人は、実印、手数料、証人への謝礼、証人は認印が必要です。
 

公正証書(遺言)の作成

公証人が筆記内容を読み上げ、遺言者と証人がその内容を確認して署名押印します。
最後に公証人が署名押印すれば遺言書は完成です。
 

公正証書(遺言)の完成

原本が公証役場に保管され、遺言者本人に正本・謄本が交付されます。
手数料を支払ってこれらを受け取り、遺言執行者を選任していれば正本を引き渡します。
謄本は、遺言者本人、相続人などが保管しておきます。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】公正証書遺言の作成手続き

スポンサード リンク

Return to page top