Home > 【古物商許可】古物商とは

古物商とは

古物を売買し、もしくは交換する営業(古物営業)を行うためには、古物営業法により
都道府県公安委員会の許可を得なければなりません。
古物営業を営むため、都道府県公安委員会の許可を得たものを、古物商といいます。

次の場合は、古物営業の許可は不要です。

  • 自身で使用するために購入した物品を売却する場合(家庭で不要となった物品の売却)
  • 無償で譲り受けた物品を売却する場合
  • 自身が外国で買い付けた物品を国内に輸入して売却する場合
    ※他の業者の輸入品を日本国内で買い取って販売する場合は許可が必要です

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【古物商許可】古物商とは

スポンサード リンク

Return to page top