Home > 【古物商許可】古物とは

古物とは

古物営業法にて、古物は次のように定義されています。

  1. 一度使用された物品(例:何度か着用した衣類)や、
  2. 新品であっても使用のために取引された物品(例:買ったものの未開封の衣類)、
  3. 1.2.の物品に幾分の手入れをしたもの(例:アイロンがけやクリーニング)
     ※「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質・用途に変化を及ぼさない形で手入れ
       を行うことをいいます

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。
古物商許可に関しては、
古物とは、上記の定義に当てはまり、かつ、下記の13品目に該当するものをいいます。

美術品類

書画、彫刻、工芸品など

衣類

和服類、洋服類、その他の衣料品

時計・宝飾品類

時計、眼鏡、宝石類、貴金属類、アクセサリーなど

自動車

自動車とその部品

自動二輪車及び原動機付自転車

自動二輪車、原動機付自転車とその部品

自転車類

自転車とその部品

写真機類

カメラ、顕微鏡、望遠鏡など

事務機器類

パソコン、コピー機、プリンター、シュレッダー、FAX、レジスター、電卓など

機械工具類

電気機械、土木機械、工作機械、化学機械、電話、ガス器具、ゲーム機、自動販売機など

道具類

家具、楽器類、CD、スポーツ用具、パソコンソフト、ゲームソフトなど

皮革・ゴム製品類

カバン、靴、財布など

書籍

各種書籍

金券類

商品券、乗車券、郵便切手、観戦チケットなど入場券、切手、収入印紙など

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【古物商許可】古物とは

スポンサード リンク

Return to page top