Home > 【古物商許可】欠格要件

古物商許可の欠格要件とは

古物商許可の申請をしても、
以下の欠格要件に該当する人は絶対に許可が下りません。
申請前によく確認しておいてください。

  1. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  2. 禁錮以上の刑、または下記の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
  3. 古物営業法第31条規定の無許可営業違反、許可の不正取得違反、
    名義貸し違反、営業停止命令違反、
    背任(刑法第247条)、遺失物横領(刑法第254条)、
    盗品の運搬、保管、有償の譲り受け、有償の処分のあっせん
    (刑法第256条2項)
  4. 住居の定まらない者
  5. 古物営業法第24条の規定により、古物営業の許可を取り消されてから5年を経過
      しない者(法人の場合、当時の役員だった人も含まれます。)
  6. 古物営業法第24条の規定による許可の取り消し通知を受け、許可の取り消し前に
      許可証を返納し、返納の日から5年を経過していない者がいる場合
  7. 営業に関して成年者と同一の行為能力を有しない未成年者
      (ただし、その者が古物商の相続人であって、法定代理人が1~5に該当しない場合
      は申請可能です。)
  8. 営業所又は古物市場ごとに、業務を適正に実施するための管理者を選任すると
      認められないことについて相当な理由がある者
  9. 法人で、その役員のうちに1~5までのいずれかに該当する者があるもの

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 (受付時間 9:00~18:00 土日祝休)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【古物商許可】欠格要件

スポンサード リンク

Return to page top