Home > 【遺言・相続】遺言書の種類

遺言について

遺言書の種類

普通方式の遺言として、次の3種類があります。

自筆証書遺言

文字通り、遺言書が自筆で書いた遺言です。ポイントは、

  • 全部自分で書く。(代筆、パソコン不可、自筆でもコピー機によるコピーは不可)
  • 日付を書く。(作成日。○月吉日など、日付を特定できないものは不可)
  • 押印する。(認印でも可、実印だとなお良い)
  • 夫婦などの共同遺言は認められていない。(1人ずつ作成すること)
  • 訂正の方法には決まりがある。

→ 「本遺言書○行目○文字削除」「○文字目を××に変更」「「××」の2文字を追加」
  などを遺言書の欄外か末尾に記入する。変更や削除を行った個所を二重線で
  消し、署名とともに用いた印で押印する。ここまでは一般の文書と変わらないが、
  遺言書の場合、欄外か末尾の訂正を示した箇所ごとに自書による署名が必要で
  ある点に注意

以上の形式に不備がある場合、遺言そのものが無効となるので注意が必要です。
特に、訂正がある場合は、書き直した方が安全かもしれません。
また、遺言書が数枚ある場合は、順番が分かるようにして各葉に割印を押すようにしてください。
その際は、本来の押印とは別に、同じ印鑑を用いるようにしてください。

自筆証書遺言のメリット 自筆証書遺言のデメリット
・ 1人で手軽に作成できる
・ 費用がかからない
・ 遺言の内容や存在を秘密にできる
・ 形式や内容に不備があると無効になる
・ 偽造、変造、隠匿の危険がある
・ 家庭裁判所の検認が必要なので、
 遺言執行までに時間がかかる
※検認には1カ月以上かかる場合も
あります

 

公正証書遺言

2人以上の証人の立会いのもと、遺言者が伝えた内容を公証人が代筆する遺言です。
病気などで字が書けない人も、公正証書遺言なら遺言を残すことができます。
公証人が作成し、原本が公証役場に保管されるため、形式不備による無効や
紛失、偽造、隠匿の心配がありません。それゆえ検認も不要です。
遺言の中で最も安全・確実な方式といえるでしょう。
ただし、公正証書遺言には次のような面もあります。

  • 資料収集や原案作成など、ある程度の手間がかかる。
  • 証書の作成手数料など、ある程度の費用がかかる。
  • 証人が立ち会うので、遺言の存在と内容を秘密にできない。
  • 証人の選定(2人以上)が必要になる。

行政書士に公正証書遺言作成を依頼された場合は、資料の収集や調査、原案作成、証人
のすべてを引き受けます。
なお、行政書士は法律により守秘義務が課せられているので、証人となった場合も秘密は
固く守られます。

公正証書遺言のメリット 公正証書遺言のデメリット
・ 形式や内容の不備により無効になる
 危険性がない
・ 公証人が作成するので、内容が明確
 である
・ 偽造、変造、隠匿の危険がない
・ 家庭裁判所の検認が不要なので、
 遺言執行がスムーズに進む
・ 公証人が代筆するので、字が書けない
 場合も作成できる
・ ある程度の手間と費用がかかる
・ 内容を公証人と証人2人に知られる

 

秘密証書遺言

自分で作成した遺言(代筆やパソコンも可)を封筒に入れて封をしたうえで、2人以上の
証人の立会いのもと、公証役場に提出します。
封印をした状態で提出するので秘密性は保持できるのですが、手間と費用がかかる割に、
公証人が関与しないため自筆証書遺言と同様のリスクが残ります。
こういった実用性の乏しさから、実務上ほとんど利用されていません。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】遺言書の種類

スポンサード リンク

Return to page top