Home > 【遺言・相続】遺言執行者

遺言・相続基礎知識

遺言執行者

遺言執行者とは

遺言執行者とは、相続開始後に遺言者に代わって遺言内容の実現を図る者をいいます。
遺言書がない場合、金融機関や貸金庫の解約や名義変更には遺産分割協議の成立が必要です。
相続人が預金を自由に引き出せるわけではありません。つまり相続人全員の協力が必要です。
遺言書がある場合も、一通の遺言書を持って各相続人が、それぞれ手続きのために指定の金融機関などに出向かなくてはなりません。

遺言執行者は、単独でこれらの手続きを行うことができます。
遺言執行者が、遺言の内容に従って遺産の配分手続きを行うことになり、相続人とはいえ遺言執行者を妨害することはできません。
 

遺言執行者の選び方

遺言執行者の選任方法は、以下の3つです。
・ 遺言書で指定する。
・ 遺言書で指定の委託をする。(「遺言執行者は○○が指定した者とする」など)
・ 家庭裁判所に選任してもらう。

単独で預貯金を引き出せる、遺言執行者の行為は防ぐことができない…
便利な制度ではありますが、その権限と責任の大きさから、誰を遺言執行者に選ぶかには、慎重でなければなりません。
また、遺言執行者を遺言書で指定したとしても、指定された者が受諾するかどうかは本人の自由であり、就任が保証されたわけではありません。
これという人を選んで、事前に遺言執行者への就任をお願いしておくことをお勧めします。
 

専門家の活用を

未成年者や破産者でなければ相続人が遺言執行者なることもできますが、名義変更などの手続きは平日の日中に行わなければならないことが多いのが実情です。
また、遺言書の内容や相続の状況によっては、相続人間の利益が相反し、何となく手続きを進めづらいということもあると思います。
状況に応じて、客観的な第三者である専門家に遺言執行者の就任を依頼しておくこと をご検討ください。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】遺言執行者

スポンサード リンク

Return to page top