Home > 【遺言・相続】遺言書を作成するメリット

遺言について

遺言書を作成するメリット

以下に、遺言書を作成するメリットの一例をご紹介します。

遺産争いを未然に防げる

遺言書がないと、故人がどのように遺産分けしたいのかが分かりません。
その結果、相続人が各々自分の取り分を主張して、遺産分割が身内同士の骨肉の争い
につながる恐れがあります。
相続をきっかけに親族の関係が悪化するような事態は断固避けなければなりません。
遺言書で遺産の分配について指定しておけば、このような争いを未然に防ぐことが
できます。
また、遺産分割協議書の作成には、相続人全員の同意が必要となります。
1人でも同意しない場合は、相続手続きが進みません。

遺言者の自由意思で遺産分けができる

民法にはそれぞれの相続人に対する遺産の分割割合が定められています。
これを「法定相続分」といいます。
遺言書を作成しておくことによって、この「法定相続分」とは異なるかたちで遺産分割を
指示することができます。
例えば、住居は妻へ、現預金は子どもたちへいくらずつ、といった具体的な指定も可能
です。
また、本来ならば相続権のない者に財産をあげられるのも、遺言の力の一つです。
内縁の妻、最後まで面倒をみてくれた長男の嫁、お世話になった近所の方に財産を
あげたい、あるいは社会事業に寄付したいといった思いを、遺言書に記すことで実現する
ことができます。
※ただし、遺留分の制約についてご注意ください。

子どもの認知も可能

上記の他にも、遺言書をもってすれば、子どもの認知も可能です。
また、親権者として1人で幼い子どもや孫を育てていた場合、未成年後見人を指名すること
もできます。
ただし、遺言書で指定された者は拒否することもできるので、確実に引き受けてもらいたい
場合は事前に了解を得ておいた方がよいでしょう。

相続の手続きが簡単になります

遺産分割協議を行うには、相続財産や負債を調べなければなりません。
遺言書がある場合、ある程度把握できるので遺族の負担を減らすことができます。
また、遺言執行者という相続手続きを一任する人を指定することで、円滑に相続手続きを
進めることができます。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】遺言書を作成するメリット

スポンサード リンク

Return to page top