Home > 【遺言・相続】遺言書の確認と検認

相続手続きについて

遺言書の確認と検認

葬儀などが一段落したら、まず確認すべきは遺言書の有無です。
遺産分割を終えた後に遺言書が出てくると、遺産分割協議を始めからやり直しになってしまいます。

「公正証書遺言謄本」と記載のある遺言が見つかった場合は、公証役場に公正証書遺言書の原本がありますので取りに行きましょう。公正証書遺言は検認が不要なので、原本を受け取ればその場で確認することもできます。
また、公正証書遺言は、日本全国の公証役場のものを一元化したデータベースで管理されているので、どこで作られた公正証書遺言であっても、その存在の有無を確認することができます。

公正証書遺言の遺言、自筆証書遺言などが見つかった場合は、家庭裁判所で検認の手続きをしなければなりません。
遺言書が封印されている場合、検認に先立ち、その開封は家庭裁判所で相続人の立会いのもとで行うよう定められています。
勝手に開封したり検認を怠っても遺言が無効になることはありませんが、過料の処分を受けます。

また、遺言で遺言執行者が指定されていれば、すみやかに連絡を取るようにしましょう。
遺言執行者は、遺言の執行に関する一切の権限を持ち、遺産の配分も遺言執行者が執り行うことになります。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】遺言書の確認と検認

スポンサード リンク

Return to page top