Home > 【遺言・相続】相続放棄・限定承認の申述

相続手続について

相続放棄・限定承認の申述

相続とは、被相続人の財産も負債も一切受け継ぐというものです。
財産はもらうが借金はいらない、というわけにはいきません。
しかし、被相続人が多額の借金を抱えているような場合、相続人だからといって必ずこれを引き受けなければならないというわけではありません。
相続人は、相続する(承認)か、相続しない(放棄)かを自分で選ぶことができるのです。

相続の方法には、次の三種類があります。

  • 財産も負債も無条件に受け継ぐ、単純承認
  • 相続した財産で支払える範囲でのみ負債を受け継ぐ、限定承認
  • 財産も負債も一切受け継がない、相続放棄

単純承認に特に手続きは必要ありません。
限定承認、相続放棄をするには、自分が相続人となったことを知った日から3カ月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。

相続放棄は、放棄する相続人(未成年者、成年被後見人の場合は法定代理人)が単独で行うこができます。
一方で、限定承認は、相続人全員の共同で行う必要があります。
相続人の中で1人でも単純承認した人がいれば限定承認はできません。
また、財産目録の作成など複雑な手続きが必要であるため、あまり利用されていないようです。

相続放棄・限定承認の必要書類

相続放棄 限定承認
相続放棄申述書
申述人の戸籍謄本
被相続人の除籍(戸籍)謄本、住民票の除票
限定承認申述書
申述人の戸籍謄本
被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍
(除籍、改製原戸籍)謄本、住民票の除票
財産目録

※申述書は、家庭裁判所の窓口でもらえます。
  裁判所ホームページでダウンロードすることもできます。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】相続放棄・限定承認の申述

スポンサード リンク

Return to page top