Home > 【遺言・相続】法定相続人の範囲

遺言&相続基礎知識

法定相続人の範囲

遺産を残した故人を被相続人、相続する人を相続人といいます。
相続人になれる人は民法に定められており、この民法に定められた相続人を法定相続人といいます。
法定相続人は、被相続人の配偶者と一定の範囲の血族(血族相続人)から構成されます。
血族相続人は、被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹が該当します。
配偶者は常に相続人となり、他の相続人がいればその者と、いなければ単独で相続人と
なります。
血族相続人は、相続順序に従って相続人になります。

上位に位置する相続人がいる場合、下位の者は相続人になりません。
例)被相続人に配偶者と子どもがいる場合、直系尊属、兄弟姉妹は相続人とならない。

なお、子と兄弟姉妹に関しては、代襲相続という制度があります。
文字通り、その者に代わり遺産を相続することで、被相続人の死亡以前に、相続人となる子どもや兄弟姉妹が一定の理由で相続権を失ったときに、その者の子が代わって相続できることになっています。
相続の順位をまとめたのが、次の表です。

配偶者
(常に相続人)
第1順位 子(およびその直系卑属)
第2順位 直系尊属(親など)
第3順位 兄弟姉妹(およびその子)

相続の順位をまとめた表

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★日々の生活でお困りのこと、複雑な手続のこと、お気軽にご相談ください★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 平日 8:00~20:00)
>>お問い合わせフォームはこちら

Home > 【遺言・相続】法定相続人の範囲

スポンサード リンク

Return to page top